NMNとは

NMNとは、2020年4月に厚生労働省によって食品としての使用が認可された新素材。
元々は食品や私たちの体内に存在する物質で、ビタミンB3群の中に含まれる「β-ニコチンアミドモノヌクレオチド」の略称です。
老化をコントロールし、健康維持に重要とされる「サーチュイン遺伝子」を活性化させるという効果を持っています。

ニコチンアミドモノヌクレオチド

(nicotinamide mononucleotide|略称: NMN, β-NMN)

生成

NAD+

NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)はあらゆる生物の細胞に入っていて、エネルギーを生み出す際に使われるいわば、体内の代謝の源です。しかし、NADは歳を取れば取るほど体内から減っていきます。そして、NADそのものを摂取しても細胞には取り込まれないことがわかっているため、NADの前駆体であるNMNを摂取することが効率的であると考えられます。NADは、以下の2種類の方法で老化抑制に利用されることが期待されています。

活性化

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子は、健康維持に関わる遺伝子とされる。寿命や老化以外の作用としては、様々な炎症に効果を発揮する為、多岐にわたる影響も期待されている。

活性化

ミトコンドリア

  • 新しい細胞を作る
  • 細胞を修復する
  • 基礎代謝が上がる

保護

テロメア

  • テロメアの保護
  • 細胞分裂を繰り返す
  • 寿命を延ばす

遺伝子へのアプローチ。

NMNは体内でNAD+を生成する原料として使用され、
サーチュイン遺伝子の活性化を促します。
しかしながらNAD+は年齢と共に低下し、
50代後半くらいには若い時の半分程まで低下、
その後も低下し続けてしまいます。

食で補う難しさ。

食品だけで補うのは非現実的なためNMN高含有のサプリメントでの摂取をおすすめいたします。

  • 枝豆13.4kg
    約19,000粒
  • ブロッコリー21.4kg
    約56株
  • キャベツ33.3kg
    約42玉
  • アボカド15.3kg
    約128個
  • マッシュルーム30.0kg
    約2,500個
  • 生肉62.5kg
    ステーキ約208枚
  • ブラックタイガー68.1kg
    約908尾
  • 生乳333.3L※市販の牛乳には含まれません
PAGE TOP